フェイスリフトの手術を行うメリット

年々、しわやたるみ、ほうれい線などが目立って、老けて見えてしまっていることを気にしている人に人気があるのがフェイスリフトです。年を取るごとに、顔の筋肉が衰え、脂肪をもともとの位置に保つことができなくなることが原因で、マッサージや高級な化粧品を使っても、一度たるんでしまった肌を元に戻すことは難しいのが現実です。フェイスリフトには、糸を使ったメスを使わない施術から、メスでたるんだ皮膚を切り取り、筋膜を引き上げる手術までいろいろな方法があります。仕上がりのイメージやメリット、デメリットをドクターによく聞き、相談してから決めることが大切です。たるみやしわが目立たなくなると、若々しさを取り戻し、気持ちまで明るくなると、40代以降の方に人気がある整形手術です。

メスを使わないリフトアップについて

リフトアップの施術の中でも、しわやたるみの程度によっては、メスを使わず、特殊な糸を注射器の針を使って皮膚の下に通す糸のリフトアップの人気が高くなっています。腫れや痛みがほとんどなく、最初は違和感を感じる人もいますが、次第に肌になじんで糸を入れたことを忘れるほど皮膚と一体化し、表情の不自然さもほとんどないことが人気の理由です。特殊な糸を使ったリフトアップは、糸を入れることで、肌を内側から持ち上げることができるというメリットがありますが、それ以外にも、糸を入れたことで肌内部のコラーゲンの生成を促すというメリットがあるため、肌自体のはりや弾力が増し、若々しい肌になることができるところも大きなメリットです。糸には、プレーンなタイプや引っ掛かりがあり高いリフトアップ効果があるタイプがあるので、料金や効果についてドクターに確認することが大切です。

筋膜を引き上げるフェイスリフト手術について

たるみが目立って老けて見える人に人気があるのが、髪の毛の生え際や髪の毛の中など、目立ちにくい部分の皮膚の一部を切り取り、内側の筋膜を引き上げるフェイスリフト手術です。糸を使ったリフトアップよりは、ダウンタイムが長く、腫れや違和感が続くことがありますが、たるみをしっかり改善させたい人には、手術でリフトアップをする方が効果を実感することができます。額のたるみやしわ、頬のたるみなどの顔の上半分の悩みだけでなく、ほうれい線やあご、首元のたるみまでフェイスリフトすることができるので、若々しい印象になり、効果も持続的です。美容外科など美容系のクリニックには、症例写真があるので、見せてもらいながら説明を受けたうえで、医師と相談し、自分に合うフェイスリフトを選びましょう。