フェイスリフトの手術でおすすめの良い美容整形外科のご紹介

フェイスリフトの手術は大幅に顔の状態を変化させることも可能ですから、成功させて理想に近づけるためには医師の高度な技術が必要です。さらに患者が考える希望を実現させるためにはどの術式を選べばよいか正確に判断できる知識の深さも求められます。皮膚や筋肉の状態や骨格などもきちんと診察や検査を行いシミュレーションを実施して、患者も満足できる提案を行ってくれる医師がいるところがベストです。最新の設備が充実しているほか、清潔感があり安心して手術を行える環境が整っていれば、より良くフェイスリフトの手術を受けることができます。術後の対応をとても大切で、入院せずに帰宅することができる術式も多くなっていますが、顔の状態が落ち着いて完成したといえる状態になるのが数か月から半年程度かかることが多いので、その間に定期的に経過観察を行ってくれるところを選ぶべきです。

顔の状態にあった術式を勧めてくれる

美容外科によってはより高額な手術を受けるように勧めてくることもあるため、カウンセリングはいくつかのクリニックで受けて、比較したほうが良いです。治療計画や費用を聞いて、満足できるところで受ければ失敗が少なくなります。人気があって最近取り入れた術式というのは、一見よさそうに感じますが医師が施術にまだ慣れていない可能性があるので、これまで実績を積み重ねてきた方法を選んだ方が無難です。ただし始めたばかりの方法であっても、専門医から講習を受けてきて技術を習得済みであれば、きれいに仕上げることができる可能性も高まります。手術の説明を受ける際に専門用語ばかりで分からないことを言ってくる医師は親切とはいえず、誰にでも理解できる丁寧な説明が行われるところで手術を受けたほうが、最後まで親身な対応が期待できます。

切開する術式のリスク説明があるか

フェイスリフトには切らない方法もありますが、確実性が高く半永久的に維持したいのであれば、切開する方法が適していますが、その分高いリスクが伴います。皮膚を単純にリフトアップさせればしわやたるみが解消するものでは無く、余分な部分を切除したり、部分的に縫い止める必要があったりします。リガメントと呼ばれる皮膚の下にある靭帯を切り離すことで、十分にリフトアップを行えますが、靭帯の近くには神経も通っているため、傷つけてしまうと麻痺が後遺症として出る可能性があります。表情性筋膜も一緒にリフトアップする場合も、人によっては強い痛みや違和感が出ることがあるため、前もって説明を受けていないと、術後に不安になったり失敗に気づかず状態を悪化させてしまうことも考えられます。リスクに対しても隠すことなく説明してくれる医師がいる美容整形外科を選び、万が一の場合にも迅速な対応をする良いクリニックを選びましょう。