フェイスリフトの手術を受ける際の注意点

たるみやしわ、くぼみなどは顔の至るところに発生するもので、できる場所によっては実年齢よりも老けて見えるようになり、人によっては5歳から10歳程度違って見えてくることになります。加齢により発生するものばかりではなく、表情筋をあまり使わなかったり、肌のケアを怠っている人にも発生しやすくなります。フェイスリフトの手術は、顔の部位や症状、理想とするデザインによってアプローチ方法が違ってきて、仕上がりは医師の技術によって左右されますから、慎重に医師選びを行うとともに術式も決めていく必要があります。効果が継続する方法もあれば、一時的なもの、何度かケアを行って継続させていく方法などがあり、希望や予算などに合わせても術式を選ぶことができます。やり方によっては、ハリやツヤも回復できるものがあります。

メスを利用して切開するフェイスリフト

顔の皮膚は通常、リガメントと呼ばれる靭帯によりつなぎ留められていて、皮膚が垂れ下がってくるとその固定されている靭帯の部分にたるみやしわなどが発生しやすくなります。たるみやしわを解消するためただ皮膚を引っ張り上げても変化が乏しいのは、その靭帯が邪魔してしまい十分に皮膚が移動できていないためで、複数存在している靭帯を切ってから引っ張り上げる必要があります。初めに切開する部分は傷跡を目立たせないため、髪の毛に隠れるこめかみ部分や耳の後ろ、あるいは耳の前部分などになりますが、選択する術式によっては後頭部を冠状切開することもあります。おでこや眉間付近に対する施術を行うときに多い方法です。フェイスラインのたるみは顔だけでなく、首の皮膚も引っ張り上げないと解消しないことがあります。

表情性筋膜も引き上げる手術で効果を高める

フェイスリフトの手術では皮膚だけを引っ張り上げても効果が薄いと判断した場合には、さらにその下にある表情性筋膜も引き上げるSMAS法を実施することがあります。皮膚のみを引き上げるより仕上がりがきれいになりますが医師の高い技術が必要であり、余りがあるときには引っ張り上げるだけでなく、皮膚と表情性筋膜を部分的に切除し縫合する必要があります。縫合の仕方が悪いとしわやくぼみができてしまうことがあります。切らないフェイスリフトもありますが、もとに戻ってしまったり数年で再施術が必要になる場合もあるので、メリットとデメリットを比べてどちらがいいか選ぶと良いです。糸を入れる方法は、溶ける糸と溶けない糸では持続期間に違いがあり、異物を入れたときの違和感が残る場合もあります。