旅行や出張で1週間以上遠方へ行くときの滞在先として、ホテルなどの宿泊施設ではなくウィークリーマンションの利用をされる方が増えてきています。ウィークリーマンションという名前の通り、1週間単位で契約することのできる賃貸マンションで、敷金礼金が不要なことや、キッチンや冷蔵庫などの生活上必要な備品などはすべてそろっていることから、ホテルで同じ期間宿泊するよりも圧倒的に金銭面での負担を抑えることが出来るのです。横浜は東京からの交通アクセスが便利で、都市自体も栄えているエリアになっているので、数々の観光旅行者もいます。そのような方をターゲットにウィークリーマンションも立てられているので、横浜でウィークリーマンションを利用したいと考えている時に、どのような事に気を付けて選べば良いのか見ていきましょう。

ウィークリーマンションの選び方

ウィークリーマンションは近年注目を集めていることもあり、横浜で物件を提供している不動産会社というのは数多くあります。実際に利用する時にはその中からニーズに沿った物件を選ぶことが必要ですが、ウィークリーマンションの物件を選ぶ際にどのような事に気を付ければよいのかわからない方は多いでしょう。そこで意識しておきたい事柄は、何よりも最初に滞在期間が何日あるのかということです。ウィークリーマンションは1週間からしか契約することができず、それよりも短い期間の出張などの場合は契約すること自体が出来ません。さらに1ヶ月近くも滞在する場合、ウィークリーマンションは向いていません。マンスリーマンションという物件を契約した方がお得になったりしますので、まずは何日間滞在するのかによって物件を選ぶと良いでしょう。

立地条件を考慮しておくことも重要

契約するウィークリーマンションの候補が絞れたとき、どこに立地しているのかも合わせてチェックすると良いです。ホテルなどの立地と違って、ウィークリーマンションの場合、最低でも1週間は生活する住居となります。そのため、近くにスーパーなどの施設があった方が何かと生活面で不自由することはありません。また、交通アクセスも良い立地の方が良く、特に出張などの場合は通勤などにも影響しますので、旅行の滞在先として利用する以外の場合は交通アクセスについて多少考えておいた方が良いでしょう。横浜で契約するメリットとしては関東全域へのアクセスが容易である事以外にも、横浜自身が大都市であることや観光地ということも大きな要素となっています。東京都内で無理に探すよりも横浜で探した方がお得というケースもあるのです。